読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gaiax Engineers' Blog

Gaiaxの技術者ブログです. 社内の様子をありのままにお伝えしていきます.

ブロックチェーンのOSSを使ったハンズオン+最前線を聞ける会を開催します。

ハンズオンと交流会の2部構成

ブロックチェーンのOSS分散型元帳プラットフォームいろは(iroha)を使ったハンズオンと、海外と国内の非金融の最前線情報が聞ける交流会を開催します。

私自身、ブロックチェーンの技術を使ったことがなく、自分でブロックチェーンのシステムを作れるかと思うとムネアツです。

昼の部(ハンズオン)  gaiax.connpass.com 夜の部(ミートアップ)  gaiax.connpass.com

内容が盛りだくさんで、ここでは話しきれない、まとめきれない内容の話が聞けます。

告知から3日でどちらのイベントも定員に達してしまっておりますが、いくらかはキャンセルが出るのでキャンセル待ちで応募いただけると運営者も喜びます。

情シス女子会を開催します

情シス女子って?

読んで字のごとく、情シスに関わっている女性をさします。
その情シス女子が、弊社にも所属しており、昨年の夏に、情シス向けサイトジョーシスにて、弊社の情シス女子 神えり(苗字はジンと読みます。)を取り上げていただきました。

www.josys.jp

この記事をきっかけに、今回の情シス女子会を開催するに至ったのですが、その経緯などをインタビュー形式で公開します。


今回、情シス女子会を開催するに至った経緯はなんですか。

[神] 今回のイベントで一緒に司会をすることになった前野さん*1ジョーシスの「情シス女子」の記事をきっかけにお会いしたのですが、その時、他の会社の情シスの女性の話をたくさん聞き、自社の業務改善につなげたり、男性の多い職場での、女性ならではの悩みやコミュニケーションについていろんな話を聞きたいと思ったことがきっかけです。
システム会社は男性が多い職場で、女性の話を聞く機会が少なく、特に女性だけで話せる場というのはほとんど無いと思ったので、それなら開催してしまえとなったのが経緯です。

情シスをやってて楽しかったことを教えてください。

[神] 元々PCが好きだったのですが、情シスをやってる分からないことが知らないことがたくさんあるんですよね。
知らないことに出会い、新しい知識、知見を得た時が最高に楽しいです。
いままで対面でのユーザーPCの障害対応のサポートが多かったので、プログラミングやLinaxをコマンドを使ってシステム操作する事が面白いです。
他にも、サポート対応していて、PCの問題を解決した時、社員の人たちから”ありがとう”と言ってもらえることが嬉しいです。

このイベントを行うにあたって意気込みなどあれば、どうぞ。

[神] このイベントを通して、情シスという職種が、女性の仕事の選択肢の一つとして気軽に考えられるように広めていけたらと思います。

ありがとうございました、当日も頑張ってください!

情シスにいる女子、情シスに興味がある女子、ご参加お待ちしています。

参加は、こちらからお願いします。

※ 注意事項

“女子会"とありますが特別男性を差別する意味合いのものではございません。今後の働きかたの多様性とその新しい働きか方を促進することを目的としております。

GaiaxLGBTに対する取り組み

http://www.gaiax.co.jp/news/press/2015/0827/

*1:情シス女子の記事つながらいで知り合った素敵な情シス女子

YAPC::Kansai 2017 OSAKに参加してきます。

YAPCに参加といってもたくさんの参加方法あります。

  1. 前夜祭に参加
  2. YAPC::Kansaiに聴講者として参加
  3. YAPC::Kansaiに登壇者として参加
  4. YAPC::Kansaiにスタッフとして参加
  5. YAPC::Kansaiにスポンサーとして参加
  6. 後夜祭に参加

こんなところですかね。 あっ、重要なものを一つ忘れてました。

  1. YAPC::Kansaiに運営として参加

運営委員会の方、いつも開催までの準備ありがとうございます。

今回、Gaiaxのメンバーは、前夜祭に参加し英気を養い、聴講者として参加し刺激と技術を補充し、登壇者として参加して発表し、スポンサーとしてYAPC::Kansaiを応援し、後夜祭に参加して当日の疲れを癒してきます。

Gaiaxは、プラチナスポンサーとベストトーク賞スポンサーとして、応援しています。

今週末が楽しみですね~。

xtetsujiさんが登壇しますので、ご期待ください!

twitter.com

エンジニア勉強会を開催しました。を久しぶりに公開

ガイアックスが永田町に移りました!

本ブログを見ている人は、ご存知の方も多いと思いますが、ガイアックスが永田町のGRIDビルに移りました。
GRIDビルって何?ってかたはこちら

移ったからどうしたっていうと、今までバラバラだったガイアックスのグループ会社が一緒のビルになったのです。 (五反田のオフィスに残ったチームもあるわけで、全グループが同じビルになったわけではないですが。)

グループ会社がどんなサービスを提供しているかは知っていれど、どこでどんな仕事してるか知らなかったグループ会社の人たちが階は違えど、同じビルで働いている状況。

ということで、グループ会社や各事業部の人に声をかけて、勉強会をしました。

非公開資料が多く、発表内容の多く公開できませんが、今話題のWordPress脆弱性を実際に再現してみたり、インセプションデッキを公開したりと多種多様な発表がありました。

その中から、公開できるものと、印象的だったものをピックアップして紹介します。

いつも自主的に資料公開してくれるhoto氏の発表は「ステージング環境のつくりかた」

f:id:gaiax-tech:20170216144935j:plain 元の画像はこちら

ネットワーク回りは詳しくないので、説明できないのだけど、1台で、LBとプロキシサーバを兼ねたものを自作した感じなのかな。
開発環境にCentOSを入れるとき、いつもiptablesはoffにするのだけど、理解すれば良い機能なんだなと思った。

続きを読む

エンジニア交流会 ~大掃除済み!俺のこだわりデスク公開 10本勝負~

エンジニア交流会 ~大掃除済み!俺のこだわりデスク公開 10本改め4本勝負~を開催しました。

先日、1月30日(月)に、エンジニア交流会を行いました。 2016年12月にも同様な交流会を開催しましたが、これから継続して、開催していきます。

その交流会がどこで行われたかというと、2016年末に永田町にできたGRIDのB1Fです。 (弊社及び弊社グループのオフィスと、コワーキングスペースを運営するmidori.soが入っています。) f:id:gaiax-tech:20170202180101j:plain

B1Fと6Fは、セミナーやイベントを開催できる設備と広さが準備されています。 詳細については、別の機会に説明させていただくとして、ご興味がある方は、以下のページをご確認ください。

「ON THE GRID OFF THE GRID
つながろう、自由になろう。」

がコンセプトの永田町GRIDビルの説明はこちら

今回は、準備中の様子からご紹介。

そんなのいらねーよと言わず、写真だけでもみてください。
スクリーンに向けて、椅子を設置。 f:id:gaiax-tech:20170202180406j:plain 準備中の打合せ。 f:id:gaiax-tech:20170202180445j:plain マイクの調子を調べたり。 f:id:gaiax-tech:20170202180543j:plain ハンモックに座って休んだり。 f:id:gaiax-tech:20170202180556j:plain

と会場の準備を整えて、俺のこだわりデスク公開LT大会が開催されました。 10本勝負のはずが、打診した人に外せない仕事の打合せが入ったり、当日風邪で発表できなくなったりと、発表者が4人になってしまい、申し訳ありません。

1番手 xtetsujiさん

デスクの紹介なのに、59枚のスライドを準備した強者! f:id:gaiax-tech:20170202180830j:plain

マグネットの活用術が素晴らしい。100均アイテムの活用術などなど。

www.slideshare.net

続きを読む

エンジニア交流会~マル秘?!こだわりの社内ツール大公開!~ 2016/12/21

Gaiax Technical Meetups

マル秘?!こだわりの社内ツール大公開!

さる12月21日にGaiaxセミナールームにて、「マル秘?!こだわりの社内ツール大公開!」というイベントを行いました。

f:id:gaiax-tech:20161222203321j:plain

それでもLT発表者を含め二十数名の方にご参加いただきました。

年末の忙しい中、また寒い中、多数の方にご来場いただきありがとうございます。

発表内容

発表内容は以下のようになります。
通常発表(10分)
1. 発表の場をコミュニケーションの場に変えるツール「flourish」@hoto17296
2. JSONファイルでE2Eテストが行えるツール「Jsonlenium」@"Ryuichi TANAKA"
3. 外部サービスのWebhookをローカルで扱うサービス「Primus」@papix
LT(5分)
4. 簡易な業務のWeb化に使えるツール「プリザンター」 @Implem_
5. タグ判別Chrome Extension 「リスト君」 @yaggytter

タイトルだけじゃ、どんなツールか、ほとんど想像もつかなかったのですが、聞くとなるほど~となるツールばかりでした。


発表の場をコミュニケーションの場に変えるツール「flourish」

一人目の発表者、弊社ガイアックスの新卒(?)3年目エンジニアのhoto179296さん。 f:id:gaiax-tech:20161222204427j:plain
新卒といって良いのか疑問に思うようになってきたhoto179296さんの発表

社内ツールだからとぱぱっと3日で作ったら、そこからバグとか結構あって、業務中に対応しながら、完成まで足掛け2か月くらいかかったとか、社内ツール開発あるある。
質疑応答で、オープンソース化の質問がありましたが、コードが汚くて出せませんって、正直な回答が印象的でした。

JSONファイルでE2Eテストが行えるツール「Jsonlenium」

続きを読む

総務のかんばんについて

Advent Calendar

ガイアックス総務部のishihamaです。 この記事は、Gaiax Advent Calendar の12月17日の記事です。

総務って何してるの?

まず、総務のお仕事を簡単にお話したいと思います。 総務では、日々の業務でオフィスの備品管理、設備管理、受付対応、電話対応、郵便物の配布、社内行事の企画運営、などを幅広く担当しています。
その他に突発的な業務も入ったりします。こんな感じで多岐に渡って、いろいろな業務をしています。

問題が多発

人数が増えると共にお互いの業務量、タスクの進捗状況が全く見えなくなり、どんどん俗人化をしていき、お互いが何をやってるかわからないというような、とても雰囲気が悪い状況になってしまいました。
このタスク管理をどうにかしたい、総務内や会社内に総務の業務を公開したいと思いツールを探していました。

タスク管理ツールの利用

最初はタスク管理ツールを使って、個々に自分の業務をタスク管理していました。
タスク管理ツールを使うことで、以下のことを総務内メンバーで共有していました。

<共有していた内容>

  • 誰がどの業務を担当しているのか
  • 業務がどれくらい進んでいる(どんな状況か)を把握する

これで総務内の共有は大丈夫!と思っていたのですが・・・ 実際使ってみると、次の問題点が発生しました。

<問題点>

  • タスクの量が多く、気づけば担当者でないとタスクの状況が分からない
  • タスクの長期化などもあり、どれが優先タスクかが分からない
  • ちょっとした連絡事項を共有するのには向いてない

まず、タスクの量が多く、そのタスクの長期化もあったりで、タスクがどんどん埋もれていきました。
都度、検索しないとタスクを探せないこともありました。もっと効率よく管理できる方法はないのかな?
とまた新たな施策を検討

総務かんばん化

ちょうどその頃総務でスクラムをやっていて、その中の『かんばん』を教えてもらえました。
付箋でタスク管理をするなんて初めてのこと。どうなることかとおもいましたが、、総務のタスクが見える化されて、タスク管理がもっと分かりやすくなる!とかんばん化を決定。
導入当時の総務の『かんばん』はこんな風に使っていました。

<総務かんばんルール>

  • 担当者ごとに付箋紙の色を決める。←色を見れば、誰が何をやっているか分かる!
  • ToDo/Doing/Doneのところは、ToDo:今日やること Doing:保留中 Done:完了

 【最初の総務かんばん】

f:id:norinux:20161220113933p:plain

実際に使ってみると・・・

<よかったこと> ・誰がどんなタスクをしているかが、明確になった

<問題点> ・優先順位が分からず、次にどのタスクを進めればいいか迷った ・付箋紙の量が多すぎて、気づいたらタスクが埋もれていた ・ちょっとした連絡も付箋紙の量が多い時は埋もれていた

総務オリジナルのかんばん

かんばんを使って、総務メンバーのタスクの見える化はできたけれど、その他の問題点は残ったままでした。総務で使いたいかんばんとは?を改めて考え以前、ヴァル研究所さんへ見学に行ったときにいろいろなかんばんのスタイルを勉強させていただきました。
どのチームも自分たちの業務に合った、かんばんを作られていたのを見て、総務も総務に合ったかんばんを作って使えばいいんだ!というのに気づきました。
総務に合った看板とは・・・
1ヵ所にメンバーが知りたい内容(メンバーの予定、タスク、連絡事項など)が全部載っているかんばん!

<総務新かんばん>

  • 担当者別にタスク管理できるように表を作成した
  • 優先度を付箋紙の色で分けて、分かるようにした
  • タスク以外にメンバーの予定、連絡事項を貼る場所を作成
  • KPTもこのかんばんに一緒にまとめた

 【総務新かんばん】

f:id:norinux:20161220113906j:plain

総務新かんばんを使ってみて

突発的な業務が同時多発的に増えると、頭の中だけで組み立てることが難しく、タスクの優先順位が 整理しきれなくなり、混乱してしまうことがありました。リニューアルされた新かんばんは、とっても使い勝手がよくなり、タスクの整理・優先順位が組み立てやすくなって、楽しくなりました。
また、ふせんの色を人別ではなく、優先順位や重要度、突発業務なのかで色分けして使うことで、優先順位が見える化されて、整理・組立てしやすくなりました。今まではつい付箋が手元に溜まってしまい、重く感じることもありましたが、意識的に状況に合わせてかんばんに移動することで、終わった達成感と、タスク進捗がわかりやすくなったのが実感できるようになりよかったです。